メンテナンス

HOME › メンテナンス

サイディングのメンテナンス

サイディングの役割は、屋根同様に日射や風雨から家屋を守ることです。

正しい知識を持ち、計画的なメンテナンスを行うことが家屋を長持ちさせる大切な要素です。
皆様がご自宅で快適・安心に過ごせるよう、サガミテクノがサポート致します。

  • ここをチェックしよう!

    壁では汚れ、ひび割れ、タイルなどの剥離、目地の隙間などをチェックします。

  • メンテナンスはいつ?

    近年人気のサイディングの寿命はおよそ20~25年。
    その間、窯業系で7~8年、金属系で10~15年で再塗装などのメンテナンスが必要です。
    サイディングは交換が容易なため、メンテナンスの際も工期が短くてすみます。
    壁のモルタルは2~3年ごとに点検し、10年~20年ほどで塗り替えが目安です。

  • アドバイス

    点検時期以外でも「ひび割れ」「はがれ」などの症状が発生した場合は、なるべく早めに対処することで家へのダメージを食い止めることが出来ます。

屋根のメンテナンス

屋根は家屋を日差しや風雨、その他の飛来物から守る重要な部分です。 そのため屋根の機能に支障が出ると、雨漏りや家屋構造の劣化など、深刻な影響が出てきます。

屋根は常に外の過酷な環境に晒されているため、突発的な被害がなくてもじわじわとダメージが蓄積しています。

屋根の破損による影響が見え始めてからの早急な修理は勿論、 予防として4~5年周期での定期メンテナンスや、台風や地震の後の被害点検をお勧めいたします。

  • ここをチェックしよう!

    屋根では屋根材の「割れ」や「ずれ」、金物部分の「さび」などをチェックします。

  • メンテナンスはいつ?

    屋根は4~5年ごとに点検、10~15年で塗り替え、15~25年程度で全面葺き替えするのが一般的な目安です。
    壁のモルタルは2~3年ごとに点検し、10年~20年ほどで塗り替えが目安です。

  • アドバイス

    点検時期以外でも「雨漏り」や「瓦ずれ」などの症状が発生した場合は、なるべく早めに対処することで家へのダメージを食い止めることが出来ます。

    よく訪問営業で「瓦のずれ」などを指摘して施工を急かす業者がありますが、指摘が正しくても見積もり金額が出鱈目という場合が往々にしてありますので、冷静に地元の施工業者に見積もりを出して比較検討することをお勧めいたします。

    神奈川県内なら是非当社に見積もりご依頼ください。

雨樋のメンテナンス

目立たないけれど家屋にとって意外に重要な雨樋。
その機能、点検の目安、メンテナンス方法などについてご紹介いたします。

  • ここをチェックしよう!

    雨樋の故障は、「割れる」「折れる」「外れる」といった判りやすい症状のほか、落ち葉やごみが詰まって機能しなくなることがあり、この場合実際に中を覗いて確認してみないと原因が判りません。

    雨樋の症状を確実に確認するには、屋根に登らなくてはいけません。
    これは危険を伴う高所作業になりますので、詳細点検はサガミテクノにご相談ください。
    専門業者の目で隅々まで確認させていただきます。

  • メンテナンスはいつ?

    雨樋は一般的に3年ごとの点検、15~20年程度での交換が目安です。

  • アドバイス

    定期点検以外でも落ち葉は見つけ次第取り除き、「詰まらせないこと」が長持ちさせるポイントです。
    「小さなひび」「部品の外れ」などの症状はご家庭で応急処置することも可能ですが、 メンテナンスの際にどうしても高所作業が発生しますので、点検同様になるべく専門業者に依頼されることをお勧めします。

  • サイディングの種類